ドラクエ11|ニンテンドー3DS版の特徴は2つの画面と2つのバトルスタイルを選べるぞ!

 

ドラゴンクエスト11(ドラクエ11)はPS4・3DS・任天堂switchの3機種から販売予定

2017年7月29日(土)に発売が予定されているドラゴンクエスト11ですが、対応機種もプレイステーション4(プレステ4)・ニンテンドー3DS・switchと幅広い機種から出るため、正直どの機種から買うべきか悩むところです。

まずは各機種からの価格などの基本情報をご紹介

機種     価格     発売日
PS4版    8,980円   7月29日
3DS版    5,980円   7月29日
スイッチ版   不明     不明

スイッチ版はまだ発表はありませんので、随時更新してまいりたいと思います。

今回はドラクエ11ニンテンドー3DS版の特徴についてご紹介していきます。

要点はざっと以下の4点になります。

  • PS4版と比べて価格が安い。
  • 3Dと2D画面両方選べる。
  • バトルシステムも選べる。
  • 場所を選ばず、いつでも楽しめる。

 

ドラクエ11ニンテンドー3DS版の特徴その1|画面上下で2つのプレイモードが楽しめる!

まずは一番目立つ機能からご紹介!

ニンテンドー3DSは、上下2画面あるのですが、その画面の上下ふたつにドラクエのフィールドが表示されております。

上は今時の立体3Dマップで表現され、下はドットの2Dマップで表現されており、その世界が上下常にリンクされております。

プレイヤーは好みに合わせて上下好きな画面を見ながら操作することができます。

操作方法はとっても簡単!

スライドパッドで操作すると、今時の3Dマップで楽しめる!

上の画面のスライドパッドを動かすと3D画面を操作することができます。

ちなみにこちらで操作すると、シンボルエンカウント方式となります。

下は、懐かしい2Dマップ

こちらの操作方法は十字キーを操作することで操作できます。

こちらで操作するとバトルはランダムエンカウントとなります。

ドラクエ11ニンテンドー3DS版の特徴その2|バトル方式が2種類選べる!

PS4(プレステ4)版では、3Dで表現されたマップ上にいろんなモンスターが歩いており、そのモンスターと接触することで戦闘に入る『シンボルエンカウント方式』のみとなります。

このバトルシステムはドラクエ8以降採用されたシステムです。

しかし、ニンテンドー3DS版ではこの『シンボルエンカウント方式』に加え、ドラクエ7までで使われていたフィールドを歩いているとランダムで敵と遭遇する『ランダムエンカウント方式』で戦闘を楽しむことができます。

『シンボルエンカウント方式』『ランダムエンカウント方式』どちらか好きな方でプレイすることができるのですが、その選択方法は先にご紹介しました『3Dマップ』で操作するのか『2Dマップ』で操作するのかで『いつでも』変更することが可能となります。

『スライドパッド』で操作して3D画面上でモンスターと遭遇することで『シンボルエンカウント方式』が自動的に採用されます。

『十字キー』で操作して2D画面上を操作していると『ランダムエンカウント方式』になります。

操作はいつでも切り替え可能で、かつ連動しておりますのでその時の気分によってお好みでプレイスタイルを楽しむことが可能です。

ちなみに過去のドラクエシリーズのバトル方式をご紹介しておくと

ドラゴンクエスト1  ランダムエンカウント
ドラゴンクエスト2  ランダムエンカウント
ドラゴンクエスト3  ランダムエンカウント
ドラゴンクエスト4  ランダムエンカウント
ドラゴンクエスト5  ランダムエンカウント
ドラゴンクエスト6  ランダムエンカウント
ドラゴンクエスト7  ランダムエンカウント(PS版)
シンボルエンカウント(ニンテンドー3DS版)
ドラゴンクエスト8 ランダムエンカウント(PS2版)
シンボルエンカウント(ニンテンドー3DS版)
ドラゴンクエスト9 シンボルエンカウント
ドラゴンクエスト10  シンボルエンカウント

とこんな感じになります。

ドラクエ8までは主に『ランダムエンカウント方式』でドラクエ9以降とリメイク作品からは『シンボルエンカウント方式』になってますね。

シンボルエンカウント方式の方が敵とのバトルを避けやすいので、こちらの方が自由度が高そうですね。

ドラクエ11ニンテンドー3DS版の特徴その3|いつでもどこでも楽しめる!

当たり前ですが、ニンテンドー3DSは携帯ゲーム機なので、場所を選ばずに楽しむことができます。

ドラクエ11ニンテンドー3DS版の特徴その4|すれ違いでいろんなプレイヤーと交流できる。

ドラクエ9のようにすれ違い通信がニンテンドー3DS版でできることになってますので、いろいろなアイテムをゲットしたりすることができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

改めてまとめてみると

  • PS4版と比べて価格が安い。
  • 3Dと2D画面両方選べる。
  • バトルシステムも選べる。
  • いつでも楽しめる。

ドラクエ11ご予約はこちら!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です