【ドラクエ11】プレイステーション4(プレステ4)版4つの特徴

 

ドラゴンクエスト11(ドラクエ11)はPS4・3DS・任天堂switchの3機種から販売予定

いよいよ2017年7月29日(土)に発売が予定されているドラゴンクエスト11!

対応機種もプレイステーション4(プレステ4)・ニンテンドー3DS・switchと幅広い機種から出るため、正直どの機種から買うべきか悩むところです。

各機種の価格などの基本情報をご紹介

機種     価格     発売日
PS4版    8,980円   7月29日
3DS版    5,980円   7月29日
スイッチ版   不明     不明

スイッチ版はまだ発表はありませんので、発表があり次第、随時更新してまいりたいと思います。

今回はドラクエ11プレイステーション(プレステ)4版の特徴についてご紹介していきます。

ドラクエ11PS4版の

  • 美しいグラフィックを画面いっぱいに味わえる
  • 価格が3DS版よりも高い
  • PS4版のみ機能も追加される可能性あり
  • セーブデータは9つ

ではひとつずつ見ていきましょう!!

ドラクエ11PS4(プレステ4)版の特徴その1|美しいグラフィックでドラゴンクエストの世界にどっぷり浸れる

やはりプレステ版、最大の特徴はこれじゃないでしょうか?

自宅のテレビ画面いっぱいに広がるドラゴンクエストの世界。

ニンテンドー3DSでは表現できないような美しいグラフィックで楽しむことができます。

ドラゴンクエストには独特かつ広大な世界観があり、それを最大に楽しむためにはやはりプレステ4版だと思います。

また音楽もドラゴンクエストのおおきな魅力のひとつですが、それもまたPS4版の方が最大限に楽しむことができます。

ドラクエ11のグラフィックはドラクエ10のグラフィックにそっくり!

現在も遊んでいる人がドラクエ10。

こちらはオンラインゲームで追加要素が多く、未だ根強いプレイヤーもいるそうです。

なんでも現在ドラクエ10をプレイしている方によると、ドラクエ11のグラフィックはほとんどドラクエ10と変わらないそうです。

ドラクエ10も発売されてから数年が経ち、追加要素としてどんどんグラフィックをよくしているみたいなので、ドラクエ10のベースを元にドラクエ11が作成されたみたいですね。

ドラクエ11PS4(プレステ4)版の特徴その2|価格が3DS版と比べて3000円高い

こちらは冒頭ですでに比較しておりますが、

PS4版が8980円に対し、3DS版が5980円と約3000円の価格差があります。

この価格差もひとつの特徴です。

ドラクエ11PS4(プレステ4)版の特徴その3|プレイステーション4版ならではの機能が実装されるかも?

3DS版では『すれ違い通信』というオリジナル機能があります。

プレイステーション4版でもオリジナル機能が実装されるという噂もあります。

ドラクエ11PS4(プレステ4)版の特徴その4|セーブデータの数は9!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です