2017/08/15

ドラクエ11|最後の仲間はデルカダールの英雄『グレイグ』

 
ドラクエ11|最後の仲間はデルカダールの英雄『グレイグ』

ベールに包まれていたドラクエ11最後の仲間はなんとグレイグでした。

多方面の考察で実は8人目の仲間もいるのではと思われていましたが、最後の仲間が明らかになりました。

なんとそれは主人公と真っ向からぶつかりってきたデルカダール王国の英雄と言われるグレイグです。

ここではグレイグのパラメータと特徴を紹介していきます。

グレイグの見た目

見た目は完全なる髭のミドルダンディです。

大人の余裕と甘いマスク、そして戦闘時の激しさとのギャップにメロメロになるご婦人もきっと少なくはないでしょう!

パラメータ|力と回復魔力が高く、守りも攻めもできる万能戦士

  • さいだいHP:★★★★★
  • さいだいMP:★★☆☆☆
  • こうげき魔力:なし
  • かいふく魔力:★★★☆☆
  • ちから:★★★☆☆
  • みのまもり:★★★★★
  • すばやさ:★★☆☆☆
  • きようさ:☆☆☆☆☆
  • みりょく:★★★☆☆

まさにデルカダールの将軍にふさわしく、HPと力、そしてみりょくの高さが際立ったパラメータになります。

さらに回復呪文やスカラなど守備系魔法も使えます。

ただし、最大MPは低めなので、魔法の使いすぎには注意が必要。

どちらかというと「攻撃」よりの戦闘スタイルであったらうれしい回復や補助もできるといったところでしょう。

グレイグの装備品|重装備可能で守備力抜群!!

武器は「片手剣」「両手剣」「オノ」が装備可能です。

さすがは王国の将軍で鎧や兜などの重装備が可能です。

「あたま」や「からだ」の装備品はパーティの中でももっとも守備力の高いものを装備することが可能です。

盾も「巨大盾」を装備できますので、まさに要塞のごとき、「まもり」の力を発揮」してくれます。

まさに「戦士」といえるでしょう!

グレイグの取得呪文レベルリスト

レベル36

  • ベホイミ:仲間ひとりのHPを65〜回復
  • スカラ:仲間ひとりの守備力をかなりあげる
  • スクルト:仲間全員の守備力を少しあげる
  • マジックバリア:仲間全員に敵の攻撃呪文を防ぐバリアをはる

レベル37

  • ベホイム:仲間ひとりのHPを164〜回復!ベホイミとベホマの中間!!

レベル65

  • メガザル:自分の命と引き換えに仲間全員を完全復活させる。

おそらくグレイグが仲間になるのはレベル36の時からなので、物語の中盤以降になることでしょう。

途中主人公一向と激しい衝突を繰り返しながら、最後は仲間になるという胸熱な展開。

そしてこのパラメータの高さは、かなり活躍の期待できる仲間といえることでしょう!

ドラクエ6で言えば、テリーポジション。

ファイナルファンタジータクティクスで言えば、剣聖オルランドゥ的なポジションと強さと言えるかもしれません。

スキル|片手剣・両手剣・オノ・えいゆう・盾

片手剣スキル

  1. かえん斬り
  2. ソードガード
  3. ドラゴン斬り
  4. メタル斬り
  5. ミラクルソード

両手剣スキル

  1. ブレードガード
  2. ぶんまわし
  3. 渾身斬り
  4. フリーズブレード
  5. 全身全霊斬り

えいゆうスキル

  1. はやぶさ斬り
  2. 無心攻撃
  3. すてみ
  4. もろば斬り
  5. 天下無双
  6. 超はやぶさ斬り

盾スキル

  1. ビッグシールド
  2. シールドアタック
  3. まもりのたて
  4. 会心完全ガード
  5. うけながしのかまえ

オノスキル

  1. かぶと斬り
  2. 蒼天魔斬
  3. まじん斬り
  4. 鉄甲斬
  5. オノ無双

クリア後グレイグのスキルがパワーアップイベントあります。

ドラクエ11シルビアとジエーゴのパワーアップイベント|クリア後の世界

れんけい|攻撃力の高いれんけいに加え、仲間を守る技もあり!

 

グレイグ!おすすめ育成方法

硬い守りと回復もできるためバトルでは抜群の安定感と安心感

おすすめ方針その1|攻撃

おすすめ方針その2|盾スキルをメインにガード率をあげるべし!

専用の盾スキルを使えるのはグレイグのみであるため、さまざまな防御方法で生存率を高めて、回復役として生き残らせることは非常に重要である。

おすすめ習得スキル

  1. 会心完全ガード
  2. うけながしの構え
  3. ソードガード

その他のキャラクター

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です